今こそ、聴けるちからを!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

★「聴きかた」は「生きかた」★


連続講座「『聴く』を磨く」第7期(全6回)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

日時/全6回(いずれも火曜日)


2011年5月24日、6月7日・21日、


7月5日・19日、8月2日


(いずれも19時30分〜21時30分)


会場/カフェ・ミヤマ渋谷東口駅前店5号室


http://www.ginza-renoir.co.jp/miyama/047.htm


講師/かめおかゆみこ http://kamewaza.com/


定員/20名


参加費/30000円(全6回)各回1ドリンクつき


※2011年5月20日までに前納されたかたは、早期割引価格27000円


詳細/http://plaza.rakuten.co.jp/kamewasa/diary/201104210000/

お申し込み/https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=92040


問い合わせ/kamewaza@nifty.com




◆かめわざワーク◆いま伝えたい思い・・・


4月16日・17日●札幌(かめ鍋)


聴く・話す、自己解放…てんこもりの2日間!


ひらめき充実の2日間、終了しました。感謝!ひらめき


mixiコミュニティ かめおかゆみこを遊んじゃおう!より「かめ鍋」



2011年03月30日

『らぶれたー』3通目



頑張るのが好きな「あなた」へ


一生懸命、頑張るあなた。

頑張りきった時の達成感ぴかぴか(新しい)

いい笑顔グッド(上向き矢印)

とても素敵。

皆もあなたを頼りにしている。

その期待に答えようと、あなたはまた頑張る。


そんなあなたとかめ鍋で約束しませんか?

あなたが
「よしexclamation頑張るぞexclamation×2」って時に

私達だけに分かる秘密の暗号を決めておくの。

「頑張る」の言葉の代わりに「楽しむ」

「よしexclamation楽しむぞるんるん」って。

この暗号の通り、楽しめるならGO!!応援するよ!

でも、楽しめそうもないならちょっと休もうよ。

頑張り過ぎてるよ〜ふらふら

同じ暗号を知ってるだけであなたも仲間。

あなたも、かめ鍋に参加してこんな素敵な暗号をもっと増やしましょうよるんるん

posted by kikuwaza at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

お鍋の材料・ラブレター

こんにちは。いくみです。
今日の札幌は、とても暖かい陽射し。
(歩くとちょっと寒いですが・・・)

こんな日は、気持ちがゆるゆるっとなりますね。

ふうう。

かめ鍋新聞、そして、ラブレター・・・
いつの間にやら、ミクシにもコミュが出来て・・・

ブログ担当のわたし。。。ああ、これでいいのか!と
自分攻め責めモードになっていましたが。。。

ここにくると、ほっとします。

かめ鍋スタッフとのスカイプ会議も
みんなの声がしみわたります。

はて・・・

札幌のスタッフになって早1年。

すごいなぁ。

みなさんのおかげです。


って、スタッフに愛の告白・・・


と、今日は、そうではなくて

このブログを読んでくださっている誰かに向けて・・・

だけど・・・

たとえば、かめおかさんのメルマガ
「今日のフォーカスチェンジ」

時々、これは私宛のメッセージ???って思うことありませんか?

な、な、な、なんでかめおかさん!!!って、メッセージを読みながら
おなかの下がむずむずする感覚・・・

メルマガ、ブログ、mixi日記
ありとあらゆるところに、自分に必要なメッセージが隠れているのです。

このブログのどこかにも・・・

そんなのないし、わからないし〜〜〜

たしかに、そういう時もあります。

あります。

だって、人間だもの・・・
(すみません)

でもね、生きているわたしたちには
不思議な力があって、いつか・・・
気がつくときが来るんです。

ほんとです。

わたし、モニター講座のあと
ちょっとまだ書けないんだけど
家族の中でいろいろとあってね

やっと

「こういうことか!」っていうのがわかったのです。

聴くとは何か・・・

自分にOKをあげるとは何か・・・

他にも書くときりがないけれど・・・

いろいろな出会いと別れを通してね・・・

☆ ☆ ☆

わたしがかめおかさんに初めて出会った「カフェミヤマ」
階段を下って、まがって、こんなとこに部屋があるの??って驚きつつ
勇気を出して、入っていったあの日・・

あの時の、かめおかさんの声。
忘れません。

そして札幌スタッフで、初めてスカイプミーティングしたときの
たまちゃん、にぱぱちゃんの声・・・

7月に、グリちゃん、くまこちゃんと出会って
今年から一緒に活動することになって・・・

みんなからパワーをもらって。

ひとりぼっちでいじける日もある。

だけど、誰かと一緒にいたい日もある。

声を聴かせてほしいときもあれば

耳をふさぐときもある。

仲間が欲しいな・・・って思う時もあるし

一人になりたいときもある。


あ、なんだかわがままですね。

でも、いいのです。

これは、わたしだから。

いや、人に迷惑をかけるのはよくないかもしれないけど

でも

かめおかさんの講座に良く出てくる言葉

「なんでもあり」

たぶん、そういうことじゃないのかな・・・って思うのだけど。

そんなときもある。

それでいいじゃん。

それでオッケー。

そう思えるのは


自分が自分でいられる場所を見つけたから。

できないと思っていたことを、できる自分がいるってことがわかったから。


わかっている人も、わからない人も

勇気がある人も、ない人も・・・

必要なのは、ほんのちょっとの「勇気」

う・・・ん

勇気っていうか、気持ち???

気持ちでもないな、なんていうんだろ。

クリック???

ボタンを押す・・・

そっか、

動くことかな。

申し込みの画面に、入力する。

これだって、動きだよね。

指を動かしている、からだとこころのどこかわからないけど

動いている。


4月のかめ鍋。

何が起こるのでしょう。

わたし、さっっぱりわかりません。
(いいのか〜、これで!!スタッフなのに(^_^;)

だけど、何が起こるかわからないこそ

面白い・・・

怖いときもあるけど

怖かったら、怖いまま

ちょっと観に来てみませんか。

安心・安全な場であることは

わたしが保証します。
(あ、わたしだけじゃ信用なければ、みんないるから・・・)


そしてね・・・

まるごとかめおかさんが

お鍋にしてくれますから!!

一緒にお鍋つつきましょう。


いえいえ、みんなが鍋の材料なのですよね。

みんなが主役ですね。


これが、わたしのラブレターです。

また書きたくなったら

書きます。
posted by kikuwaza at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

ラブレターってガラじゃないけど(^^;)

どうも、くまこです。“ふえるワカメちゃん”です。
ちなみに、中身は“4歳児”だったりします。
去年の『聴く』を磨く講座で発覚しました(爆)


先日のスカイプ会議にて、「スタッフから皆様にラブレターを書こう。」ということになりました。

・・・さて、ラブレターとは何ぞや?

よく分かっていないので、とりあえず、これまでを振り返って書き出してみたら、まあ、書くわ、書くわ。
あまりの長さに、自分でビビる(^^;)

ブログには、その一部を投稿させて頂きました。
全文はコチラ。
http://members3.jcom.home.ne.jp/satokuma7/kamenabe/loveletter.html



『今日のフォーカスチェンジ』は、2004年から読んでいます。
最初にワークショップに参加したのは、2006年の『たまみかめ』でした。
実は、前年にもかめおかさんは札幌に来て下さったんですが、思いっきりイジケモードにいたため、不参加(+_+)
翌年、ようやくというか、やっとの思いで参加を決心。2日間連続のワークショップでしたが、1日目だけ参加することにしました。

「いやなことはやらなくていい。」

かめおかさんが、最初に言われたこの言葉。すーごく肩の力が抜けました。
そして同時に思いました。せっかく来たんだから、当たって砕けてみようかな、と。
・・・貧乏性ですね(^^;)

いやー、楽しかったですね。久しぶりに笑いました。
声を上げて笑ったなんて、何年ぶりだったでしょうか。

『聴く』を磨く講座は、何と言うか、かなり“不思議”な講座でした。コレのどこが『聴く』につながるんだろう?なんて思った時もあります(ゴメンなさい)
でも、この講座って、聴く“技術”を磨くものではないんです。聴くために必要な“感覚”を磨くものなんだなって思うんです。そのために、自分の“状態”を整える。
いろんな提案があって、いろいろやってみて、そこから自分に合ったものを自分なりに使っていけばいいんじゃないでしょうか。

「なんでもあり」のかめわざワーク。
「〜ねばならない」は、この際、横に置いておきましょう。

そうして、講座のワークでほぐれた感覚が、『4歳児』と『ふえるワカメちゃん』発覚につながったのかもしれません(^^;)



さてさて、ワタシにとって、かめわざワークの良かった点とは何なのか。
書き出してみましょうか。

「やりたくないことはしなくていい。無理をしなくていい。」という、“保障”された場であること。
1mmも身動きできない程がんじがらめになっていた自分を、少しずつ“ほぐせる”場であること。
十数名の小さなワークショップであったこと。
少人数ゆえの、“許容の大きさ”が感じられたこと。
“かめおかさん”という共通項の存在。
そして元気な“がはは”笑い(^^;)


「かめわざワークって、一体、何をするんだろう??」と不安になる方の気持ちが、分からない訳ではありません。
何度も参加しているワタシですが、実は、いまだに不安、あります(爆)
「できなかったらどうしよう?」そんな不安もあります。
でも、同時に思うんです。「できなくっても、大丈夫。」
今、ここだけの許された空間。
小さくても、きっと“心の足場”ができるはず。

「あ、できるじゃん♪」てな軽いノリで、ちびちび足場を広げればいいのです。


少しずつ、自分にOKをあげていこう。
できなかった自分にOK。
できなかった自分を責める自分にもOK。
できなかった自分を責める自分にOKをあげる自分を許せない自分にもOK。

・・・・・?

ま、いっか(^^;)



こんなワタシでも、スタッフやってます。
不安があっても、大丈夫です。

気になっていたけど、なんとなく参加できずにいた方もいらっしゃるでしょう。
“はじめて”は、怖いと思います。
よろしかったら、より大きな“はじめて”のために、ちょっと小さな“はじめて”で練習してみませんか?

たくさんの方が、「はじめて参加します。」と自己紹介で言って下さることを、私は待っています。
posted by kikuwaza at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。